天明屋尚の新作個展『形質転換』、古美術を現代的に変容させた作品群

『天明屋尚「形質転換」展』が、1月10日から東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーで開催される。

天明屋尚はレコード会社のアートディレクターなどを経た後、現代美術家としての活動を開始。伝統絵画と現代の風俗を取り入れた表現様式「ネオ日本画」を標榜し、作品制作を継続している。

約2年ぶりの個展となる同展では、「形質転換」をタイトルに掲げて新作を発表。『洛中洛外図屏風』『紅白梅図屏風』を現代的に変容させた作品をはじめ、琳派、円山派の作品、武者絵、仏画などに着想を得た作品などが展示されるほか、鎧兜をモチーフにした立体作品、天明屋にとって初の試みとなる写真作品も出品される。

イベント情報

『天明屋尚「形質転換」展』

2017年1月10日(火)~2月10日(金) 会場:東京都 市ヶ谷 ミヅマアートギャラリー
時間:11:00~19:00 休廊日:日、月曜、祝日 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 天明屋尚の新作個展『形質転換』、古美術を現代的に変容させた作品群

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて