ニュース

野村萬斎×真鍋大度のパフォーマンス『FORM』、伝統芸能を技術で拡張

野村萬斎と真鍋大度によるパフォーマンス『FORM』が、1月2日と3日に東京・有楽町の東京国際フォーラムで上演される。

『FORM』は、伝統的な祝典曲「三番叟」をベースにしたパフォーマンス作品。野村が演じる舞を、真鍋が様々なセンサーを用いて解析し、映像演出を施すという内容だ。謡や太鼓はおらず、野村の所作から発生する音が24台のスピーカーによって増幅されるという。

総合演出と出演を野村、映像演出を真鍋が担当するほか、舞台照明を藤本隆行(ダムタイプ、Kinsei R&D)、音響演出をサウンドアーティストのevalaが手掛ける。

なお『FORM』は、『高砂』『能楽囃子』『末広かり』といった能・狂言と併演。演目は上演回によって異なる。詳細は『FORM』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

野村萬斎×真鍋大度『FORM』ポスタービジュアル
野村萬斎×真鍋大度『FORM』ポスタービジュアル
野村萬斎×真鍋大度『FORM』制作中の素材から
野村萬斎×真鍋大度『FORM』制作中の素材から
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)