舞台版『ドラえもん』9年ぶり再演、のび太は小越勇輝、しずかは樋口日奈

『舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」』が3月26日から東京・池袋のサンシャイン劇場で再演される。

環境問題などを扱った劇場版映画『ドラえもん のび太とアニマル惑星』を舞台化した同作。2008年に鴻上尚史の脚本・演出により初演された。

約9年ぶりの再演となる今回は、のび太役に舞台『東京喰種 トーキョーグール』『弱虫ペダル』『テニスの王子様』などに出演している小越勇輝をキャスティング。しずか役を樋口日奈(乃木坂46)、ジャイアン役を皇希、スネ夫役を陳内将が演じる。チケットの販売は2月4日からスタート。

なお東京公演終了後は、福岡、愛知、宮城、大阪でも上演される。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」』

脚本・演出:鴻上尚史 原作:藤子・F・不二雄 作詞・音楽プロデュース:森雪之丞 出演: 小越勇輝 樋口日奈 皇希 陳内将 佃井皆美 嶋村太一 澤田育子 ほか 東京公演 2017年3月26日(日)~4月2日(日)全11公演 会場:東京都 池袋 サンシャイン劇場 料金:一般7,500円 12歳以下4,500円 福岡公演 2017年4月7日(金)~4月9日(日) 会場:福岡県 キャナルシティ劇場 愛知公演 2017年4月14日(金)~4月16日(日) 会場:愛知県 刈谷市総合文化センター 大ホール 宮城公演 2017年4月21日(金)~4月23日(日) 会場:宮城県 多賀城市民会館 大阪公演 2017年4月29日(土・祝)~4月30日(日) 会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール
  • HOME
  • Stage
  • 舞台版『ドラえもん』9年ぶり再演、のび太は小越勇輝、しずかは樋口日奈

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて