ニュース

人間椅子・和嶋慎治の初自伝『屈折くん』、みうらじゅんとの対談も掲載

和嶋慎治(人間椅子)の自伝『屈折くん』が2月1日に刊行される。

和嶋にとって初の自伝となる同書では、家族に溺愛された幼少期やギターを猛練習した中学時代から、人間椅子のメンバーとの出会い、『三宅裕司のいかすバンド天国』での栄光と挫折、音楽で生活していけるようになった現在まで、自身の人生が綴られている。またみうらじゅんや、同郷の青森・弘前出身で同じ高校の卒業生であるじろう(シソンヌ)との対談も掲載される。

発売に先駆けて、1月27日まで同書の特典付き200セット限定版の予約を受付。アマチュア時代の未発表曲や、和嶋の作詞作曲ノートのスキャンデータなどを収めたCD-R、復刻版のギターピック、和嶋が考案したキャラクター「屈折くん」のステッカーとバッジセットが付属する。

和嶋慎治『屈折くん』表紙
和嶋慎治『屈折くん』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

思い出野郎Aチーム“ダンスに間に合う”

思い出野郎Aチームが6月30日にリリースする7inchシングルのPVは、オフィスの中で描かれるドラマ仕立ての映像。歌詞にもあるように、散々な日でもひどい気分でも、そのどこかに潜む祝福すべき一瞬を、メロウなグルーヴで捕まえる。(飯嶋)