人間椅子・和嶋慎治の初自伝『屈折くん』、みうらじゅんとの対談も掲載

和嶋慎治(人間椅子)の自伝『屈折くん』が2月1日に刊行される。

和嶋にとって初の自伝となる同書では、家族に溺愛された幼少期やギターを猛練習した中学時代から、人間椅子のメンバーとの出会い、『三宅裕司のいかすバンド天国』での栄光と挫折、音楽で生活していけるようになった現在まで、自身の人生が綴られている。またみうらじゅんや、同郷の青森・弘前出身で同じ高校の卒業生であるじろう(シソンヌ)との対談も掲載される。

発売に先駆けて、1月27日まで同書の特典付き200セット限定版の予約を受付。アマチュア時代の未発表曲や、和嶋の作詞作曲ノートのスキャンデータなどを収めたCD-R、復刻版のギターピック、和嶋が考案したキャラクター「屈折くん」のステッカーとバッジセットが付属する。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 人間椅子・和嶋慎治の初自伝『屈折くん』、みうらじゅんとの対談も掲載

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて