ニュース

「超細密画」描く池田学の大規模個展に約120点、制作期間3年の大作も

『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』が、1月20日から佐賀・佐賀県立美術館で開催される。

1973年に佐賀で生まれたアーティストの池田学。1日にわずかな面積しか描き進めることができないという、ペンを用いた独自の細密技法による作品を発表している。2011年には『ニューヨーク・タイムズ』の記者がその年に最もインパクトを与えた作品を選ぶ「Best Of 2011」の1つに選出された。

池田にとって初の大規模個展となる同展。アメリカ・ウィスコンシン州にあるチェゼン美術館の滞在制作プログラムで3年間にわたって制作され、昨年11月に完成した縦3メートル×横4メートルの巨大な新作『誕生』を日本初公開するほか、国内外の美術館やコレクターが所蔵する池田作品のほぼ全てを網羅する約120点を紹介する。

会期中には池田によるトークイベントや、池田とミヅマアートギャラリー代表の三潴末雄、元県立佐賀北高校教諭の金子剛によるクロストーク、ワークショップなどを開催。詳細は『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』の特設サイトで確認しよう。

なお12月29日にNHK BS1で放送された池田のドキュメンタリー番組『明日世界が終わるとしても「ペン1本 まだ見ぬ頂へ」』が、1月8日に再放送される。

『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』ビジュアル photography by Clayton Adams
『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』ビジュアル photography by Clayton Adams
『明日世界が終わるとしても「ペン1本 まだ見ぬ頂へ」』より
『明日世界が終わるとしても「ペン1本 まだ見ぬ頂へ」』より
『明日世界が終わるとしても「ペン1本 まだ見ぬ頂へ」』より
『明日世界が終わるとしても「ペン1本 まだ見ぬ頂へ」』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会