「芸術家の徒労」がテーマ、冨士山アネットの新作2人舞台『ENIAC』

冨士山アネットのパフォーマンス『ENIAC』が、2月11日から神奈川・横浜ののげシャーレで上演される。

演出家・振付家の長谷川寧によるパフォーマンスユニット・冨士山アネット。独自の手法「ダンス的演劇」による作品を発表しており、海外公演や国際共同制作を行なうなど、国内外で活動している。

『ENIAC』は「芸術家の徒労」をモチーフにした新作。構成・演出を手掛ける長谷川と、ダンサーの石本華江が共に出演し、質問や対話を交えたパフォーマンスを展開する。タイトルの「ENIAC」は1946年に発表された黎明期のコンピューターを指し、その開発過程と石本の半生が重ねて描かれるという。なお『ENIAC』は「統計」をモチーフとした近年の作品群『Statistics Project』に連なる作品となる。

チケットは現在販売中。2枚がセットになる「デュオチケット」も用意される。詳細は冨士山アネットのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

冨士山アネット
『ENIAC』

2017年2月11日(土・祝)~2月14日(火)全8公演 会場:神奈川県 横浜 のげシャーレ
構成・演出:長谷川寧 振付・出演: 石本華江 長谷川寧 料金: 前売 一般2,800円 学生2,500円 デュオチケット5,000円 当日 一般3,000円 学生2,500円
  • HOME
  • Stage
  • 「芸術家の徒労」がテーマ、冨士山アネットの新作2人舞台『ENIAC』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて