ニュース

「芸術家の徒労」がテーマ、冨士山アネットの新作2人舞台『ENIAC』

冨士山アネット『ENIAC』イメージビジュアル Photo by Hideki Namai
冨士山アネット『ENIAC』イメージビジュアル Photo by Hideki Namai

冨士山アネットのパフォーマンス『ENIAC』が、2月11日から神奈川・横浜ののげシャーレで上演される。

演出家・振付家の長谷川寧によるパフォーマンスユニット・冨士山アネット。独自の手法「ダンス的演劇」による作品を発表しており、海外公演や国際共同制作を行なうなど、国内外で活動している。

『ENIAC』は「芸術家の徒労」をモチーフにした新作。構成・演出を手掛ける長谷川と、ダンサーの石本華江が共に出演し、質問や対話を交えたパフォーマンスを展開する。タイトルの「ENIAC」は1946年に発表された黎明期のコンピューターを指し、その開発過程と石本の半生が重ねて描かれるという。なお『ENIAC』は「統計」をモチーフとした近年の作品群『Statistics Project』に連なる作品となる。

チケットは現在販売中。2枚がセットになる「デュオチケット」も用意される。詳細は冨士山アネットのオフィシャルサイトをチェックしよう。

冨士山アネット『ENIAC』イメージビジュアル Photo by Hideki Namai
冨士山アネット『ENIAC』イメージビジュアル Photo by Hideki Namai
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)