義足の美術家・片山真理の個展『帰途』、立体やセルフポートレートなど展示

片山真理の個展『帰途』が1月21日から群馬・高崎の群馬県立美術館で開催される。

1987年に埼玉で生まれ、群馬で育った美術家の片山真理。先天性の四肢疾患により9歳で両足を切断して以後、義足で生活しており、手縫いの作品や装飾を施した義足を装着したセルフポートレート、自身の身体をかたどった立体作品などを制作している。また歌手やモデルとしての活動や、講演、執筆も行なう。

片山にとって約11年ぶりの同館での展示となる『帰途』。『瀬戸内国際芸術祭2016』の参加企画として香川・直島で開催された個展『bystander』で発表した立体作品を発展させた作品や、片山が幼少期から慣れ親しんだという利根川、渡良瀬川の川岸、自動車が行き交う国道脇などで撮影したセルフポートレートを発表する。

会期中には片山によるトークイベントを開催。詳細は群馬県立近代美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

片山真理
『帰途』

2017年1月21日(土)~3月20日(月・祝) 会場:群馬県 高崎 群馬県立近代美術館 展示室5
時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(3月20日は開館) 料金:一般300円 大高生150円 ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 義足の美術家・片山真理の個展『帰途』、立体やセルフポートレートなど展示

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて