ニュース

Chim↑Pomがメキシコの国境でゲリラ作品 アメリカを臨むツリーハウスも

U.S.A. Visitor Center, 2016 ©Chim↑Pom Courtesy of Chim↑Pom Studio and MUJIN-TO Production, Tokyo
photo by Osamu Matsuda
U.S.A. Visitor Center, 2016 ©Chim↑Pom Courtesy of Chim↑Pom Studio and MUJIN-TO Production, Tokyo photo by Osamu Matsuda

Chim↑Pomによる複数のプロジェクトが、メキシコ・ティファナとアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴの国境で展開されている。

現在展開されているのは、それぞれ関連性を持つ『LIBERTAD』『The Grounds』『U.S.A. Visitor Center』の3作品。ゲリラ的に行なわれたこれらのプロジェクトは、アメリカに入国できない状態の続くエリイ(Chim↑Pom)の経験をもとに構想された。

昨年7月に建てられた『U.S.A. Visitor Center』は、コロニア・リベルターと呼ばれるティファナの国境沿いのエリアに住む家族の住居の庭にある木を利用したツリーハウス。アメリカの目の前に住みながら入国することができない人々のために作られ、内部にはコヨーテの毛皮、エイブラハム・リンカーンの肖像をドナルド・トランプに変えた5ドル札などが展示されている。

『LIBERTAD』と『The Grounds』は今年1月に設置された作品で、共に『U.S.A. Visitor Center』の窓から見ることができる。『LIBERTAD』はFRPで作られた穴とシャベル、「Libertad」と描かれた十字架で構成される作品で、子どもやコロニア・リベルターに住む人々が遊んだり、ゴミを捨てたりしているアメリカ側の土地に、「自由」を意味する「リバティ」の墓として設置されている。十字架は国境を越えようとして命を落とした人々のためにティファナ空港に面した国境の壁に吊るされている十字架からインスピレーションを受けたという。

『The Grounds』は、メキシコ側の国境の壁沿いに掘られた実際の穴。事実上はアメリカとメキシコの境目となる壁の真下の土地まで掘り進められており、内部にはアメリカに入国することのできないエリイの足跡が残されている。

なお今回のプロジェクトに関連したChim↑Pomの個展『The other side』が、2月18日から東京・清澄白河の無人島プロダクションで開催される。

※記事掲載時、一部内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

LIBERTAD, 2017 ©Chim↑Pom Courtesy of Chim↑Pom Studio and MUJIN-­TO Production, Tokyo
LIBERTAD, 2017 ©Chim↑Pom Courtesy of Chim↑Pom Studio and MUJIN-­TO Production, Tokyo
The Grounds 2017 ©Chim↑Pom Courtesy of Chim↑Pom Studio and MUJIN­-TO Production, Tokyo photo by Yuki Maeda
The Grounds 2017 ©Chim↑Pom Courtesy of Chim↑Pom Studio and MUJIN­-TO Production, Tokyo photo by Yuki Maeda
エイブラハム・リンカーンの肖像をドナルド・トランプに改変した5ドル札
エイブラハム・リンカーンの肖像をドナルド・トランプに改変した5ドル札
U.S.A. Visitor Center 2017 ©Chim↑Pom Courtesy of Chim↑Pom Studio and MUJIN­-TO Production, Tokyo
U.S.A. Visitor Center 2017 ©Chim↑Pom Courtesy of Chim↑Pom Studio and MUJIN­-TO Production, Tokyo
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)