ゲス乙女・休日課長が3人組「DADARAY」結成 川谷絵音が初作品の楽曲制作

休日課長(Ba / ゲスの極み乙女。)の新プロジェクト「DADARAY」が始動。4月5日に1stミニアルバム『DADAISM』をリリースする。

DADARAYは休日課長とボーカリストのREIS、えつこから構成される3人組。上質なポップスを表現したいという思いから休日課長が2人に声をかけ、何度かのセッションを経て正式に結成された。katyusha名義でも活動するえつこはゲスの極み乙女。とindigo la Endのサポートも務めている。

バンド名のDADARAYには、「既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とするDADAISMのDADAと光を意味するRAYを組み合わせた造語で、既成の秩序や常識を破壊する光」との意味が込められているという。楽曲制作は川谷絵音(Vo / ゲスの極み乙女。、indigo la End)に依頼した。

今回の発表とあわせて『DADAISM』の収録曲“イキツクシ”のPVが公開。PVの監督は加藤マニが務め、衣装は森川マサノリがデザイナーを務めるCHRISTIAN DADAが担当している。

またDADARAYは2月23日に東京・下北沢のERAで主催イベント『DADAIST vol.1』を開催。初ライブを披露する。同イベントにはsusquatchとDJ有るジェルゴッドリッジも出演。チケットの販売は2月4日10:00からスタートする。なおゲスの極み乙女。は川谷絵音の未成年者との飲酒発覚を受けて、昨年10月から活動を自粛している。

加藤マニのコメント

“虚無の光”と訳せそうなバンド名と協奏するように本作でも歌われる「光を見せて虚無を見せて」というワードがこのビデオのテーマです。
現実と離れてしまった過去の甘美な思い出は正しく「虚無の光」でもあり、そこに光を感じることもまた虚無と言えるでしょう。
しかしながらバンド名に冠された”DADA”は、虚しさを根底にした、常識への否定や破壊という意味も含まれる以上、自らの、そして皆さんの虚無を焼き尽くす光線と考えることもできます。
この曲とビデオがその新しい狼煙になることを願っています。

リリース情報

DADARAY
『DADAISM』(CD)

2017年4月5日(水)発売 価格:1,200円(税込) QYCL-10009
1. イキツクシ 2. block off 3. ダダイズム 4. 美しい仕打ち 5. 灯火
イベント情報

『DADARAY presents「DADAIST vol.1」』

2017年2月23日(木) 会場:東京都 下北沢 ERA
出演: DADARAY susquatch DJ有るジェルゴッドリッジ
  • HOME
  • Music
  • ゲス乙女・休日課長が3人組「DADARAY」結成 川谷絵音が初作品の楽曲制作

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて