ニュース

岩井秀人、藤田貴大、蓬莱竜太ら「演劇人」のアートが集う『演劇人の文化祭』

『徳永京子プロデュース 演劇人の文化祭』イメージビジュアル
『徳永京子プロデュース 演劇人の文化祭』イメージビジュアル

展覧会『徳永京子プロデュース 演劇人の文化祭』が、3月3日から東京・多摩センターのパルテノン多摩で開催される。

同展では劇作家、演出家、俳優といった「演劇人」による美術作品などを展示。演劇ジャーナリストの徳永京子がプロデューサーを務め、実際の公演で舞台美術として使われた絵画や、イラストレーション、版画、写真などの作品を紹介する。

出展作家には神里雄大(岡崎藝術座)、木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎)、益山貴司(劇団子供鉅人)、益山寛司(劇団子供鉅人)、山本健介(ジエン社)、河村竜也(青年団、青年団リンク ホエイ)、タニノクロウ(庭劇団ペニノ)、岩井秀人(ハイバイ) 、ノゾエ征爾(はえぎわ)、鈴真紀史(はえぎわ)、熊川ふみ(範宙遊泳)、糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)、澤田慎司(FUKAIPRODUCE羽衣)、藤田貴大(マームとジプシー)、召田実子(マームとジプシー)、蓬莱竜太(モダンスイマーズ)、小野寺ずる(□字ック)が名を連ねている。

会期中の3月11日にはライブイベント『文化祭 special LIVE! 音楽も楽しむ、ライブコンサート。』を開催。ロロ+EMC、大谷能生+中野成樹、山田佳奈(ロ字ック)×演劇と人、FUKAIPRODUCE羽衣が出演する。また関連イベントとして、2月と3月には徳永による全3回の『徳永京子の現代演劇講座』が開かれ、熊井玲(『ステージナタリー』編集長)、岩松了、藤原ちからがそれぞれゲストとして登場する。詳細はパルテノン多摩のウェブサイトをチェックしよう。

ノゾエ征爾作品
ノゾエ征爾作品
熊川ふみ作品
熊川ふみ作品
山本健介作品
山本健介作品
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問