ニュース

「十万年後の未来人が纏う衣」を描く KYOTARO新作個展に約90点

KYOTAROの個展『Clad in the Universe―宇宙を纏う』が、2月24日から東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYで開催される。

KYOTAROは東京と京都を拠点に活動するアーティスト。主に鉛筆を用いたドローイング、ペインティング、漫画、アニメーションなどを制作し、国内外で個展を開催するほか、書籍の挿画などを手掛けている。2015年には飯沢耕太郎との共著による絵本『きのこの国のアリス』を刊行した。

『Clad in the Universe―宇宙を纏う』ではドローイングを中心に、大型作品13点、小作品80点以上を展示。作品は「10万年後の世界で、未来人がまとう衣」をテーマに制作され、液体や光でできた衣や、通信機能が備わった衣などが描かれるという。

会場では展示作品に加え、オリジナルグッズも販売。会期中の4月28日にはサイン会の開催も予定している。

※記事掲載時から出展作品数が変更になりました。

KYOTARO作品 ©KYOTARO
KYOTARO作品 ©KYOTARO
KYOTARO作品 ©KYOTARO
KYOTARO作品 ©KYOTARO
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)