ニュース

ペヤンヌマキ&安藤玉恵、40歳記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛(仮)』

左からペヤンヌマキ、安藤玉恵
左からペヤンヌマキ、安藤玉恵

ブス会*の舞台『男女逆転版・痴人の愛(仮)』が、12月8日から東京・駒場東大前のこまばアゴラ劇場で上演される。

ブス会*は、三浦大輔の主宰劇団「ポツドール」の旗揚げメンバーで、AV監督としても活動するぺヤンヌマキの舞台制作ユニット。劇団員は所属せず、ぺヤンヌマキが選んだメンバーと共に、様々なアプローチで「女の実態」を描いている。

『男女逆転版・痴人の愛(仮)』は、ペヤンヌマキと女優の安藤玉恵が40歳を迎えたことを記念して上演。脚本と演出をペヤンヌマキが手掛け、安藤が出演する。公演の詳細は追って発表される。

なおペヤンヌと安藤は、2006年にポツドールの番外公演として『女のみち』を上演。同作はペヤンヌにとって初の脚本・演出作品となり、ブス会*立ち上げのきっかけになったという。

ペヤンヌマキのコメント

同い年の女優安藤玉恵さんと40歳の記念にと温めていた企画です。ちょうど10年前の30歳の時に、安藤さんと何か一緒にやりたいねと意気投合し作り上げた『女のみち』という舞台が私の初めての脚本・演出作品で、それを機に私はブス会を立ち上げることができました。なので、節目の年に2人で舞台をやるシリーズにしたいと思ってます。その時々に感じていることを描いていったら年齢による変化も面白いと思います。50歳、60歳、70歳、80歳・・・さて何歳までできるかお楽しみに!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー