異彩放つ世界の建築100点を一望する写真集 ザハ、ゲーリー、SANAAなど

写真集『一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100』が、本日2月14日に刊行された。

同書は「少し変わっているけれど美しい」という切り口で、世界の建築100作品をピックアップした写真集。ザハ・ハディドによる中国の『銀河SOHO』や、オスカー・ニーマイヤーらによるブラジルの『ニテロイ現代美術館』をはじめ、フランク・ゲーリー、ノーマン・フォスター、サンティアゴ・カラトラバ、ダニエル・リベスキンド、モシェ・サフディ、ヘルツォーク&ド・ムーロン、SANAAといった建築家たちが手掛けた作品の写真を8章構成で掲載する。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 異彩放つ世界の建築100点を一望する写真集 ザハ、ゲーリー、SANAAなど

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて