奈良美智が童画家・茂田井武の作品を紹介する展覧会 画帳や絵本挿絵展示

『奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人』が、3月1日から長野・安曇野ちひろ美術館で開催される。

同展は、安曇野ちひろ美術館の開館20周年を記念して開催。昭和時代に活動した童画家・茂田井武の作品から、奈良美智が今も「新しい」と感じる作品を紹介する。展示会場は、20代の茂田井が欧州放浪中に描いた画帳『Parisの破片』『続・白い十字架』や、『退屈画帳』『幼年画帳』、宮沢賢治作『セロひきのゴーシュ』の挿絵、戦時中の日記などで構成される。

奈良美智のコメント

学校で習う美術のつまらなさは、それが自分の生活からかけ離れていたことだ。僕は絵を描いたりしているが、実を言うといわゆる名画よりも生活する中で出会ったもの、たとえば絵本から学ばせてもらったほうが多い。そして僕の好きな日本の絵本作家たちは、どこかしら茂田井武にその源流をみる気がする。果たして僕もそのひとりに違いない。彼の美意識は生活の中に息づき、それゆえ逆説的に崇高だ。彼の絵の中には西洋も東洋もなく、ただ純粋な魂だけがある。

イベント情報

『奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人』

2017年3月1日(水)~5月9日(火) 会場:長野県 安曇野ちひろ美術館
時間:9:00~17:00(4月29日~5月7日は18:00まで開館) 休館日:3月22日、4月12日、4月26日 料金:大人800円 ※高校生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 奈良美智が童画家・茂田井武の作品を紹介する展覧会 画帳や絵本挿絵展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて