ニュース

永原真夏の新作EP『みえないちから』 ワンマン会場で先行販売

永原真夏 撮影:エリザベス宮地
永原真夏 撮影:エリザベス宮地

永原真夏(SEBASTIAN X)の新作EP『みえないちから』が、3月19日にリリースされる。

同作には表題曲“みえないちから”に加え、“この愛がそうだよ”“ロックンロール”の3曲を収録。CDのみの通常盤と、エリザベス宮地が撮影した16ページのフォトブックが付属する「スペシャル盤」の2形態が用意され、3月19日に大阪・心斎橋のPangea、3月25日に東京・東高円寺の二万電圧で行なわれる永原のワンマンライブ会場から販売がスタートする。その後の販売方法については現時点では未定。

永原は「この作品がおそらく20代ラストの銀色の円盤」であるとコメントし、「恋と遊びと音楽に明け暮れた日々のラストを飾るなら、やっぱり愛について歌いたいね。だれかといっしょに考えたいね。個人的には、そんな作品でもあります」と同作に込めた意図を明かしている。

なお永原が所属するバンド・SEBASTIAN Xが、4月30日に東京・下北沢エリアで開催される『SEBASTIAN X PRESENTS TOKYO春告ジャンボリー2017』で約2年ぶりのライブを行なう。

永原真夏(SEBASTIAN X)のコメント

みえないちから、毎日意識しろって言われたらむずかしいし、めんどくさいけど、やっぱりそれがなくちゃあね。
目にはみえなくても、聴こえるし、そこにあるから、たまには手に取れたらいいよねえ。たまには愛せたらいいよねえ。それで、信じられたら最高だよね!
そんなきもちに栞を挟むように、言葉と音に魔法をかけて、銀色の円盤にしました。
いつでも思い出せるようにね。いつ忘れてもいいようにね。

そして私事ですが、この作品がおそらく20代ラストの銀色の円盤。この10年間で、計16枚“CD”をつくりました。
恋と遊びと音楽に明け暮れた日々のラストを飾るなら、やっぱり愛について歌いたいね。だれかといっしょに考えたいね。個人的には、そんな作品でもあります。

さて、これから、なに歌おう?
いつだってオーライ、楽しみだ!

永原真夏『みえないちから』収録曲

1. みえないちから
2. この愛がそうだよ
3. ロックンロール

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年