ニュース

溝端淳平が肉体美披露&山田裕貴の姿も 『破裏拳ポリマー』予告編&新写真

『破裏拳ポリマー』 ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
『破裏拳ポリマー』 ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

映画『破裏拳ポリマー』の予告編と新たな場面写真、ビジュアルが公開。あわせて主題歌が発表された。

予告編では溝端淳平演じる鎧武士の激しいアクションシーンや、武士が「破裏拳ポリマー」に変身する場面、上半身裸の武士の姿などが確認できるほか、山田裕貴演じる刑事の来間譲一が武士を鼓舞する様子や、原幹恵演じる映画オリジナルキャラクターの稗田玲がメタリックブルーのポリマースーツを纏う姿、武士が来間の耳に息を吹きかけるシーンなどが映し出されている。溝端は武士を演じるにあたって4か月間のトレーニングを行なったという。

主題歌に起用されたのは、グッドモーニングアメリカによる書き下ろしの楽曲“悲しみ無き世界へ”。今回公開された予告編でも同曲が使用されている。

5月13日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される『破裏拳ポリマー』は、タツノコプロによって1974年から放送された同名ヒーローアニメの実写映画版。元ストリートファイターの探偵で、奥義「破裏拳」を操る拳法の達人である武士が、盗まれた3体のテスト用ポリマースーツを奪還するため、オリジナル版である赤いポリマースーツを起動させ、戦いに挑むというあらすじだ。

グッドモーニングアメリカのコメント

今回、主題歌の話を頂いてから「破裏拳ポリマー」「新破裏拳ポリマー」のアニメ、そして今回のこの映画を観て接し、曲を制作しました。このアニメ・映画の持つアクションシーンや昭和感の格好良さを、そして未来への希望や喜劇感を少しでも僕らの曲がある事でより多くの人がハッピーになったら嬉しいです。日頃の全部忘れて映画を楽しんで下さい!

『破裏拳ポリマー』キービジュアル ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
『破裏拳ポリマー』キービジュアル ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
『破裏拳ポリマー』 ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
『破裏拳ポリマー』 ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
『破裏拳ポリマー』 ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
『破裏拳ポリマー』 ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
『破裏拳ポリマー』 ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
『破裏拳ポリマー』 ©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年