グッドモーニングアメリカ

Total 30 Posts

同じ大学高校時代の友人同士で、2001年東京八王子にて前身バンドを結成。英詞によるメロディックパンクサウンドで地元界隈で一定の人気を得て、多数のコンピレーションへの参加、ツアー、単独作品を残すも、2006年に突然の活動休止。英詞から日本語詞への切り替え、サウンドへの切り替えを行い、2007年に「グッドモーニングアメリカ」へ改名しライブ活動を再開。2008年にオリジナルのドラマー脱退を機に現行メンバーのぺギが加入。自身主催のV.A「良い音楽ここにあります」の企画そしてリリース、自主イベント自主企画イベント「あっ、良いライブここにあります。2012」主催したりと今までのギターロックの枠に収まらない活動を展開しシーンに一石を投じる。現在までに3枚のミニアルバムをリリース。ヴォーカル金廣が描く、リアルな時に辛く時に優しい世界観と圧倒的なライブパフォーマンス、更にベースたなしんのパッション&ファイヤーなMCで話題沸騰中!直近では、5月にリリースした「輝く方へ」がスマッシュヒット。それを引っさげたツアーも全国各地ソールドアウト。ツアーファイナルとなった9月30日渋谷クラブクアトロ公演では、盟友アルカラを迎え、台風の中ソールドアウトショーを展開。10月17日には、発売告知をまったくせずにリリースした全曲ラブソングの1stシングル「餞の歌」をリリース。シリアルナンバー入り2000枚限定を2週間で完売させた。発売当時から異例のOAをし続けたFM802は発売から2ヶ月経ち、商品在庫がないにも関わらず2012年12月度のHEAVY ROTATIONに「餞の詩」を選出。それを受け、12月19日に「餞の詩(関西特別盤)」をリリースした。(日本コロムビアオフィシャルサイトより)

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて