ニュース

いとうせいこうが贈る歴史番組『せいこうの歴史再考』書籍化

『せいこうの歴史再考』より ©ぴあ
『せいこうの歴史再考』より ©ぴあ

BS12トゥエルビで放送中の番組『せいこうの歴史再考』が書籍化され、3月20日に刊行される。

『せいこうの歴史再考』は、名将や偉人の足跡を経済の視点から紐解く番組。いとうせいこうが一時代を築いた人物に関連する城や寺社、墓、老舗店などを訪れ、各所に残っている物やエピソードから現在にも役立つ経済術を探っていくという内容だ。

番組の内容をまとめた書籍では、都市計画に着目した織田信長や徳川家康、「ソウルフード」を生み出した武田信玄、地域格差に目を付けて利益を生んだ豊臣秀吉といった歴史上の人物たちの視点や発想を紹介。さらに新選組の給料や「お遍路ビジネス」にまつわるトピックなども掲載されている。

いとうせいこうのコメント

『せいこうの歴史再考』は、日本史の事象を経済的な視点で斬っていく番組ですが、基本的には歴史に詳しくない人、ちょっと興味があるぐらいの人の方が楽しめると思います。
番組では制作スタッフとのやり取りなんかも出てきますが、この番組はスタッフの人数がそれほどおらず、ある意味家族的にやっているので、「こいつは、こういう所が得意なんだよな」という風に互いの特徴が分かってくるんですよね。まさに昔の番組のようにアットホームな雰囲気の中で、僕がリラックスしてやってるところや、ツッコミをしてるところを、自然な形でうまく引き出してくれていて、そんなところが視聴者の方々にも楽しんでいただけているようです。
歴史番組は、わりと堅くなりがちですが、この番組はスタッフも僕もさほど歴史に明るいわけでもないので視聴者目線で進行していくのが妙味であり、そこに歴女の皆さんが詳しい話を添えてくれることで、程よい深さの歴史番組に仕上がっているんじゃないかな。
僕も番組に出ながら発見すること、歴史の見方を変えていくことも多く、結論の出ない番組ならではの刺激のようなものが、今の自分にとって必要だと思えたりもします。「今を生きるヒント」となる歴史番組を、ぜひこの本からも感じていただきたいです。

『せいこうの歴史再考』より ©ぴあ
『せいこうの歴史再考』より ©ぴあ
いとうせいこう
いとうせいこう
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告