ニュース

いとうせいこうが贈る歴史番組『せいこうの歴史再考』書籍化

『せいこうの歴史再考』より ©ぴあ
『せいこうの歴史再考』より ©ぴあ

BS12トゥエルビで放送中の番組『せいこうの歴史再考』が書籍化され、3月20日に刊行される。

『せいこうの歴史再考』は、名将や偉人の足跡を経済の視点から紐解く番組。いとうせいこうが一時代を築いた人物に関連する城や寺社、墓、老舗店などを訪れ、各所に残っている物やエピソードから現在にも役立つ経済術を探っていくという内容だ。

番組の内容をまとめた書籍では、都市計画に着目した織田信長や徳川家康、「ソウルフード」を生み出した武田信玄、地域格差に目を付けて利益を生んだ豊臣秀吉といった歴史上の人物たちの視点や発想を紹介。さらに新選組の給料や「お遍路ビジネス」にまつわるトピックなども掲載されている。

いとうせいこうのコメント

『せいこうの歴史再考』は、日本史の事象を経済的な視点で斬っていく番組ですが、基本的には歴史に詳しくない人、ちょっと興味があるぐらいの人の方が楽しめると思います。
番組では制作スタッフとのやり取りなんかも出てきますが、この番組はスタッフの人数がそれほどおらず、ある意味家族的にやっているので、「こいつは、こういう所が得意なんだよな」という風に互いの特徴が分かってくるんですよね。まさに昔の番組のようにアットホームな雰囲気の中で、僕がリラックスしてやってるところや、ツッコミをしてるところを、自然な形でうまく引き出してくれていて、そんなところが視聴者の方々にも楽しんでいただけているようです。
歴史番組は、わりと堅くなりがちですが、この番組はスタッフも僕もさほど歴史に明るいわけでもないので視聴者目線で進行していくのが妙味であり、そこに歴女の皆さんが詳しい話を添えてくれることで、程よい深さの歴史番組に仕上がっているんじゃないかな。
僕も番組に出ながら発見すること、歴史の見方を変えていくことも多く、結論の出ない番組ならではの刺激のようなものが、今の自分にとって必要だと思えたりもします。「今を生きるヒント」となる歴史番組を、ぜひこの本からも感じていただきたいです。

『せいこうの歴史再考』より ©ぴあ
『せいこうの歴史再考』より ©ぴあ
いとうせいこう
いとうせいこう
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年