ニュース

ホドロフスキー新作『エンドレス・ポエトリー』11月公開 メッセージ映像も

『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作『エンドレス・ポエトリー』の日本公開日が11月18日になることがわかった。

2013年に23年ぶりとなった監督作『リアリティのダンス』を発表したアレハンドロ・ホドロフスキー。『エンドレス・ポエトリー』は、自身の幼少期を題材にした『リアリティのダンス』の続編となる作品だ。チリ・サンティアゴを舞台に、様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが、現地のアヴァンギャルドなカルチャーシーンの人々と交流する様を描く。

今回の公開日発表にあわせて、日本のファンに向けたホドロフスキーのメッセージ動画が公開。「思うにきっと前世は日本人でした」と日本文化への愛着を語っているほか、作品の内容について「映画の中でご覧になるすべての場所は、私が若いころに重要な経験をした場所です。同じ場所、同じ家、まったく同じです。起こった出来事もすべて」と述べている。

『エンドレス・ポエトリー』では前作に引き続き、ホドロフスキーの父役をホドロフスキーの長男ブロンティス、青年となったホドロフスキー役を末の息子アダンが演じる。撮影監督は、ウォン・カーウァイ監督作『恋する惑星』や、ガス・ヴァン・サント、ジム・ジャームッシュらの作品に参加し、今回ホドロフスキーと初めてタッグを組むクリストファー・ドイルが務めている。

『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進