ホドロフスキー新作『エンドレス・ポエトリー』11月公開 メッセージ映像も

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作『エンドレス・ポエトリー』の日本公開日が11月18日になることがわかった。

2013年に23年ぶりとなった監督作『リアリティのダンス』を発表したアレハンドロ・ホドロフスキー。『エンドレス・ポエトリー』は、自身の幼少期を題材にした『リアリティのダンス』の続編となる作品だ。チリ・サンティアゴを舞台に、様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが、現地のアヴァンギャルドなカルチャーシーンの人々と交流する様を描く。

今回の公開日発表にあわせて、日本のファンに向けたホドロフスキーのメッセージ動画が公開。「思うにきっと前世は日本人でした」と日本文化への愛着を語っているほか、作品の内容について「映画の中でご覧になるすべての場所は、私が若いころに重要な経験をした場所です。同じ場所、同じ家、まったく同じです。起こった出来事もすべて」と述べている。

『エンドレス・ポエトリー』では前作に引き続き、ホドロフスキーの父役をホドロフスキーの長男ブロンティス、青年となったホドロフスキー役を末の息子アダンが演じる。撮影監督は、ウォン・カーウァイ監督作『恋する惑星』や、ガス・ヴァン・サント、ジム・ジャームッシュらの作品に参加し、今回ホドロフスキーと初めてタッグを組むクリストファー・ドイルが務めている。

作品情報

『エンドレス・ポエトリー』

2017年11月18日(土)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー 出演: アダン・ホドロフスキー パメラ・フローレス ブロンティス・ホドロフスキー レアンドロ・ターブ イェレミアス・ハースコヴィッツ 上映時間:128分 配給:アップリンク
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ホドロフスキー新作『エンドレス・ポエトリー』11月公開 メッセージ映像も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて