『ビリー・エリオット』日本人キャストで上演 吉田鋼太郎らも出演

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトルダンサー~』が、7月19日から東京・TBS赤坂ACTシアター、10月15日から大阪・梅田芸術劇場で上演される。

同作は、映画『リトル・ダンサー』の監督スティーブン・ダルドリーが演出を手掛けるミュージカル。2005年にイギリスで初演され、2006年には『ローレンス・オリヴィエ賞』で4部門、ブロードウェイ進出後の2009年には『トニー賞』で10部門を受賞した。音楽はエルトン・ジョン、脚本・歌詞はリー・ホールが担当。

物語の舞台は、炭鉱不況に喘ぐ1984年のイギリス・ダラム。幼い頃に母を亡くし、炭鉱で働く父と兄、祖母と先行きの見えない毎日を送っていた11歳の少年ビリーがバレエと出会い、度重なる苦難を乗り越えながら、プロのバレエダンサーになるために「ロイヤル・バレエスクール」の受験を目指すというあらすじだ。

日本人キャストで初上演される今回は、2015年からビリー役のオーディションを実施。応募総数1346人から選ばれた10人によるレッスン形式のオーディションを経て、加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹の4人が選出された。さらにビリーの父役は吉田鋼太郎と益岡徹、ビリーの才能を見出すウィルキンソン先生役は柚希礼音と島田歌穂、祖母役は久野綾希子と根岸季衣、兄トニー役は藤岡正明と中河内雅貴、オールダー・ビリー役は栗山廉(Kバレエカンパニー)と大貫勇輔がダブルキャストで演じるほか、ボクシングコーチのジョージ役に小林正寛がキャスティングされている。各キャストの出演スケジュールは、『ビリー・エリオット~リトルダンサー~』のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお7月19日から7月23日までTBS赤坂ACTシアターでプレビュー公演を実施。プレビュー公演および8月31日までの東京公演のチケットは3月11日、大阪公演は6月3日から一般販売が開始する。9月以降の東京公演のチケット販売については後日発表。

イベント情報

『ビリー・エリオット~リトルダンサー~』

演出:スティーブン・ダルドリー 脚本・歌詞:リー・ホール 音楽:エルトン・ジョン 振付:ピーター・ダーリング 翻訳:常田景子 訳詞:高橋亜子 出演: 加藤航世 木村咲哉 前田晴翔 未来和樹 吉田鋼太郎 益岡徹 柚希礼音 島田歌穂 久野綾希子 根岸季衣 藤岡正明 中河内雅貴 小林正寛 栗山廉(Kバレエカンパニー) 大貫勇輔 森山大輔 家塚敦子 大塚俊 加賀谷真聡 北村毅 佐々木誠 高橋卓士 辰巳智秋 橋本好弘 羽鳥翔太 原慎一郎 丸山泰右 横沢健司 木村晶子 小島亜莉沙 竹内晶美 三木麻衣子 秋山綾香 井上花菜 出口稚子 古賀瑠 城野立樹 持田唯颯 山口れん 佐々木琴花 夏川あさひ 深海香好 遠藤美緒 大久保妃織 小野梓 久保井まい子 佐々木佳音 高畠美野 近貞月乃 並木月渚 新里愛那 堀越友里愛 小溝凪 笹川幹太 山城力 岡野凛音 菊井凛人 桜井宙 プレビュー公演 2017年7月19日(水)~7月23日(日)全6公演 会場:東京都 TBS赤坂ACTシアター 料金:S席12,500円 A席8,500円 東京公演 2017年7月25日(火)~10月1日(日)全94公演 会場:東京都 TBS赤坂ACTシアター 料金:S席13,500円 A席9,500円 大阪公演 2017年10月15日(日)~11月4日(土)全26公演 会場:大阪府 梅田芸術劇場 メインホール 料金:S席13,500円 A席9,500円 B席5,500円
  • HOME
  • Stage
  • 『ビリー・エリオット』日本人キャストで上演 吉田鋼太郎らも出演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて