本の新たな楽しみ方を提案 『本のフェス』に水道橋博士、石田衣良ら

『本のフェス2017』が3月12日に東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で開催される。

今回で2回目の開催となる『本のフェス』は、本を読む人や読まない人の壁を越えた新たな本の楽しみ方を提案するイベント。会場では雑誌『本の雑誌』の執筆陣や古書店、出版社による書籍販売「本の雑誌商店街」をはじめ、柳下恭平(かもめブックス)と蔵人(うつぼかずら)によるスナック「スナック乱丁」、雑誌『ケトル』のバックナンバー展、野外ライブ、屋台の出店などが行なわれる。

さらに水道橋博士の著書を読んだ若手芸人が魅力を語り合い、水道橋博士と来場者の審査で「次世代読書芸人」を決めるイベントや、映画『暗黒女子』主演の飯豊まりえ、監督の耶雲哉治、原作者の秋吉理香子によるトーク、石田衣良のワークショップ『「思いつき」からはじめる小説の書き方』といった様々なイベントも開催。詳細は『本のフェス』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『本のフェス2017』

2017年3月12日(日) 会場:東京都 神楽坂 日本出版クラブ会館
時間:10:00~19:00 料金:無料 ※一部有料イベントあり
  • HOME
  • Book
  • 本の新たな楽しみ方を提案 『本のフェス』に水道橋博士、石田衣良ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて