ニュース

「死んだらJ-POPが困る人」木村豊に迫る書籍 マサムネ、林檎ら27人が寄稿

書籍『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』が、3月27日に刊行される。

CDジャケットを多く手掛けるデザイナー・木村豊の仕事と思考を紹介する同書。木村へのインタビューをはじめ、1996年から現在までに制作されたジャケットや、個人デザイン事務所「セントラル67」の様子などが収録される。表紙イラストを、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのジャケットで木村とタッグを組んでいる中村佑介が手掛けている。著者は江森丈晃。

また同書には木村を支持するミュージシャンや、共同作業を行なってきたスタッフら27人によるテキストも掲載。参加者には、草野マサムネ(スピッツ)、椎名林檎、木村カエラ、亀田誠治、越智志帆(Superfly)、中村弘二(iLL、LAMA)、フルカワミキ(LAMA)、津野米咲(赤い公園)、有馬和樹(おとぎ話)、谷口滋昭(きのこ帝国)、ぼくのりりっくのぼうよみ、直枝政広(カーネーション)、七尾旅人、石橋英子、木下理樹(ART-SCHOOL)、高橋徹也、中村佑介、本秀康、北澤momo寿志らが名を連ねている。

同書の刊行にあわせて記念イベントも開催。3月21日に東京・代官山 蔦屋書店で木村と中村によるトークイベントが行なわれるほか、3月25日に東京・下北沢の本屋B&B、4月18日に大阪・ロフトプラスワンWESTで、木村と『月刊MdN』編集長の本信光理によるトークイベント『90年代のCDジャケット100枚を語る』が開催される。

『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』表紙
『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』表紙
『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』より
『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』より
『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』より
『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』より
『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』より
『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』より
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告