ニュース

草間彌生の記録映画『≒草間彌生 わたし大好き』が首都圏4館で再上映

『≒草間彌生 わたし大好き』 ©YAYOI KUSAMA
『≒草間彌生 わたし大好き』 ©YAYOI KUSAMA

映画『≒草間彌生 わたし大好き』が、4月1日から東京・恵比寿の東京都写真美術館 ホールほかで上映される。

2008年に公開された『≒草間彌生 わたし大好き』は、草間彌生の活動に1年半にわたって密着したドキュメンタリー映画。作品制作の様子や、日常生活の姿などを映している。監督を務めたのは、1995年から草間にまつわるテレビ番組などを制作している松本貴子。松本は同作について、「草間さんとの距離が縮まる中で実感したのは、最強の草間作品は“草間さん自身”だということ。日本が誇る希有なアーティストの最強作品を、映画という形に納められたのが、何よりもの幸せです」と述べている。上映期間中には松本による舞台挨拶も実施される。

なお同作は現在、神奈川・厚木のアミューあつぎ 映画.comシネマで3月17日まで上映中。また東京・ユジク阿佐ヶ谷で4月15日から、神奈川・横浜のシネマ・ジャック&ベティで5月13日から上映される予定だ。草間彌生の個展『わが永遠の魂』は、5月22日まで東京・六本木の国立新美術館で開催されている。

草間彌生のコメント

私の足跡を記録してそれを映画にして下さった映像スタッフの方々に感謝で一杯である。
永久にこの映画は人々に感動を与えつづけるだろう。
みなさん、私と一緒にすばらしい人生を発見しつつ足音も高く生と死を携えて人の世の美しさに身を埋めたい。
人の世はすばらしい。
芸術もものすごく感動にみちている。
永遠に輝いた人生を高らかに歌い上げよう。
いつも、いつも、“わたし大好き”。
(詩「わたし大好き」より抜粋)

松本貴子監督のコメント

最近の草間人気には、「すごい!すごい!」としか言いようがありません。
出会って22年。5本のテレビ番組と1本のドキュメンタリー映画を作りましたが、その放送枠の経過を見ただけでも、うなぎ登り度がわかります。1995年の最初の番組は、東京のケーブルテレビ。次が1999年、NHK教育テレビでしたが、企画を通るのにかなりの時間が掛かりました。2011年になると、NHK-BSプレミアムで、なんと3時間の草間特集が組まれ、翌年には、NHKスペシャルへと昇り詰めます。
そして、インタビューの内容も、最初は「生きている内は無理だが、死後、必ず自分の芸術は認められる」と、受け入れてもらえない口惜しさを滲ませていましたが、やがて「世の中が、自分の思うように動くようになってきた」と自信を漲らせるのです。
2008年に公開されたこの映画は、初めて草間さんに長期密着して撮影しました。草間さんとの距離が縮まる中で実感したのは、最強の草間作品は“草間さん自身”だということ。日本が誇る希有なアーティストの最強作品を、映画という形に納められたのが、何よりもの幸せです。

『≒草間彌生 わたし大好き』ポスタービジュアル ©2008 B.B.B.Inc ©YAYOI KUSAMA
『≒草間彌生 わたし大好き』ポスタービジュアル ©2008 B.B.B.Inc ©YAYOI KUSAMA
『≒草間彌生 わたし大好き』 ©YAYOI KUSAMA
『≒草間彌生 わたし大好き』 ©YAYOI KUSAMA
『≒草間彌生 わたし大好き』 ©YAYOI KUSAMA
『≒草間彌生 わたし大好き』 ©YAYOI KUSAMA
『≒草間彌生 わたし大好き』 ©YAYOI KUSAMA
『≒草間彌生 わたし大好き』 ©YAYOI KUSAMA
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」