ニュース

スチャダラパー責任編集『余談』最新号にのん、中原昌也ら 野音公演で販売

スチャダラパーによる雑誌『余談セブンティーン』がライブ会場限定で販売される。

スチャダラパーの公演にあわせて、彼らの責任編集のもと自費出版で刊行される雑誌『余談』。今回は4月15日に東京・日比谷野外大音楽堂で行なわれる『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』の会場で販売される。

『余談セブンティーン』に登場するのは、のん、小籔千豊、TOWA TEI、中原昌也、かせきさいだぁ、シャシャミン、高木完、ローリング内沢ら。TOWA TEIにはニューヨーク時代から現在までの話を聞いているほか、小籔とはスチャダラパーも出演した『コヤブソニック』のエピソードを語り合う。『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』のチケットは現在販売中だ。

あわせてスチャダラパーのオフィシャルInstagramが開設。のんと撮影した別カットも公開されるという。

スチャダラパー、のん
スチャダラパー、のん
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)