「写真泥棒」として訴えられないためには? 『アサヒカメラ』で新連載

連載『写真好きのための法律&マナー』が3月20日発売の『アサヒカメラ』2017年4月号から掲載される。

『アサヒカメラ』では2017年2月号に『写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル』を掲載。同特集が大きな反響を呼んだことから3月号にも同記事を再掲載し、2月号、3月号共に完売に至った。

『写真好きのための法律&マナー』は、同特集の反響を受けて連続12回のシリーズとして掲載。第1回は「まとめサイト問題から考える『SNS時代の著作権』」と題し、無断使用と引用の境界線を検証する。

同記事では弁護士の福井健策が引用に関する6つの注意点をアドバイス。「未公表の著作物は引用できない」「自分の作品との明瞭な区別」「引用する必然性と関連性」といった項目をイラスト付きで解説している。

なお『アサヒカメラ』2017年4月号の第1特集は「京都の風情を撮る」。また付録として、原美樹子の『第42回木村伊兵衛写真賞』受賞作品集と、4月15日から開催される『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017』が付属する。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 「写真泥棒」として訴えられないためには? 『アサヒカメラ』で新連載

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて