ニュース

清水富美加が闇鍋&朗読会に誘う 『暗黒女子』冒頭13分間の本編映像公開

『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

映画『暗黒女子』の本編映像が一部公開された。

公開されたのは冒頭から13分間の本編映像。ミッション系の女子高である聖母マリア女子高等学院の文学サークルの会合の様子を捉えた場面からスタートし、清水富美加演じる澄川小百合が「闇鍋」の作り方と自作小説の朗読会のルールを説明する様子、飯豊まりえ演じるいつみが校舎の屋上から落ちて死ぬ場面、平祐奈演じる二谷美礼が1人目の朗読者として小説を朗読する様などが確認できる。

美礼が小説中で描いた風景について耶雲哉治監督は、「文学サロンはいつみの内面の象徴です。美礼が初めて入った瞬間に感じる感動というのは、いつみの内面に対する感動ともいえるんです」とコメント。また「闇鍋シーンはもちろん、キャラクター達による独白が続く言葉が多い映画なので、この映画自体が言葉=音という意味で音の映画だなと思っていました。だから付けている音楽もすごく多く、シーンごとにテーマ曲も作っています」とこだわりを明かしている。

4月1日から全国で公開される『暗黒女子』は、「読んで嫌な気持ちになるミステリー」を意味する「イヤミス」の1つに数えられる秋吉理香子の同名小説が原作。いつみが死んだことをきっかけに、いつみが主宰していた文学サークル内で彼女の死をテーマにした朗読会が開かれ、犯人を告発する5つの物語が発表される、というストーリーだ。

『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄