無印良品の新たな文庫本シリーズ 第1弾は柳宗悦、花森安治、小津安二郎

無印良品による文庫本シリーズ『MUJIBOOKS文庫本「人と物」』が4月22日から販売される。

書籍を紹介・販売するコーナー「MUJIBOOKS」を大型店舗で展開している無印良品。『MUJIBOOKS文庫本「人と物」』は、過去に発表された出版物の中から優れた作品や言葉を選定・収録し直したシリーズとなる。

第1弾ラインナップは、『柳 宗悦』『花森安治』『小津安二郎』の3タイトル。『柳 宗悦』には「雑器の美」ほか4編、『花森安治』には「高価なものと美しいものと」ほか3編、『小津安二郎』には「映画の味・人生の味」ほか11編を収録する。またそれぞれの巻頭に本人の愛用品を写真に収めた「くらしの形見」、巻末にはゆかりのある人物について解説した「この人・あの人」を収める。税込み販売価格は各巻500円。

一般販売に先駆けて、4月22日から北海道・無印良品 シエスタハコダテで先行販売がスタート。「MUJIBOOKS」展開店舗およびネットストアでは5月1日から販売を開始する。

  • HOME
  • Book
  • 無印良品の新たな文庫本シリーズ 第1弾は柳宗悦、花森安治、小津安二郎

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて