ニュース

スピルバーグ、デル・トロら5監督が戦時期の映画を読み解くNetflix作品

ドキュメンタリー作品『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』が、本日3月31日からNetflixで配信されている。

スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務める『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』は、同名書籍の映画版。第二次世界大戦中に戦地で作品を撮った映画監督の作品を検証し、現代の映画監督のインタビューから、ハリウッドが戦争に与えた影響および戦争がハリウッドに与えた影響を掘り下げていく。メガホンを取ったのは『ロマン・ポランスキー 初めての告白』などのローラン・ブーズロー。

作中で取り上げる監督は、『駅馬車』のジョン・フォードや、『ローマの休日』『ベン・ハー』のウィリアム・ワイラー、『白鯨』のジョン・ヒューストン、『或る夜の出来事』のフランク・キャプラ、『シェーン』のジョージ・スティーヴンス。インタビューにはスピルバーグをはじめ、フランシス・フォード・コッポラ、ギレルモ・デル・トロ、ポール・グリーングラス、ローレンス・カスダンの5人が登場する。ナレーションはメリル・ストリープが担当。

スピルバーグは「映画はサイレント時代初期から人を酔わせるものだった。そしてハリウッドは早くから、映画が変化をもたらすための強力な道具あるいは武器であることに気付いていたんだ」と語り、コッポラは「最も純粋な形である映画は、プロパガンダに利用することができてしまう。ヒトラーとナチス宣伝相のヨゼフ・ゲッベルスは、大衆の思想を思い通りに操作できる映画の力を理解していた」と語っている。

なお同作の配信とあわせて作中で取り上げられた13本の映像作品も配信。

『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』キービジュアル
『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』キービジュアル
『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』
『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』
『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』
『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』
『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』
『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告