特集上映『LA LA LANDに恋して』に6作品 『シェルブールの雨傘』も

特集上映『特集:LA LA LANDに恋して』が、4月1日から東京・ユジク阿佐ヶ谷で開催される。

『第89回アカデミー賞』で6部門に輝いたデイミアン・チャゼル監督の映画『ラ・ラ・ランド』。日本公開後、これまでに250万人の動員を記録しており、興行収入は34億円を達成した。『特集:LA LA LANDに恋して』では、デイミアン・チャゼルの監督作や『ラ・ラ・ランド』の主演キャストであるライアン・ゴズリング、エマ・ストーンの出演作、同作に影響を与えたミュージカル映画を上映する。

上映作品には、チャゼル監督の『セッション』をはじめ、ゴズリングの出演作『ドライヴ』『ブルーバレンタイン』、ストーンが出演した『マジック・イン・ムーンライト』、さらにチャゼル監督が影響を受けたというジャック・ドゥミ監督のミュージカル映画『ロシュフォールの恋人たち』と『シェルブールの雨傘』の6本がラインナップしている。上映スケジュールなどの詳細はユジク阿佐ヶ谷のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『特集:LA LA LANDに恋して』

2017年4月1日(土)~4月14日(金) 会場:東京都 ユジク阿佐ヶ谷
上映作品: 『セッション』(監督:デイミアン・チャゼル) 『ドライヴ』(監督:ニコラス・ウィンデング・レフン) 『ブルーバレンタイン』(監督:デレク・シアンフランス) 『マジック・イン・ムーンライト』(監督:ウディ・アレン) 『ロシュフォールの恋人たち』(監督:ジャック・ドゥミ) 『シェルブールの雨傘』(監督:ジャック・ドゥミ) 料金:一般1,200円 学生・シニア1,000円 会員800円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 特集上映『LA LA LANDに恋して』に6作品 『シェルブールの雨傘』も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて