手塚治虫のSF作『W3』をセリフなしで舞台化 演出はウォーリー木下

舞台『手塚治虫 生誕90周年記念 Amazing Performance W3』が、7月1日から東京・表参道のDDD青山クロスシアターで上演される。

2018年に生誕90周年を迎える手塚治虫のSF作品『W3』をもとにした同作は、銀河連盟によって地球を調査するよう命令された銀河パトロール隊W3の3人を描く作品。地球の動物に姿を変えて「地球人がよい人間かどうか」を調べることになった彼らが、漫画家の男が住む日本のアパートの一室に辿り着き、男の漫画が原因で事件に巻き込まれるというあらすじだ。

構成・演出を手掛けるのはウォーリー木下。今回の公演はセリフを一切用いないノンバーバルな作品となり、日本の漫画表現とマイム、ダンス、アクロバット、マジック、プロジェクションマッピングなどのパフォーマンスによって手塚の世界を表現するという。キャストには西島数博、フィリップ・エマール、川原一馬らが名を連ねる。

なお同公演は7月1日に初演を迎え、9日まで上演された後、11月3日から本公演がスタート。来年3月までのロングラン公演となる。チケットの一般販売は4月23日から開始する。

イベント情報

『手塚治虫 生誕90周年記念 Amazing Performance W3』

2017年7月1日(土)~7月9日(日)全20公演 2017年11月3日(金・祝)~12月22日(金)、2018年2月~3月4日(日)全195公演予定 会場:東京都 表参道 DDD青山クロスシアター
構成・演出:ウォーリー木下 原作:手塚治虫『W3』 出演: 西島数博 フィリップ・エマール 川原一馬 椎原夕加里 松本ユキ子 藍実成 坂口修一 梅澤裕介 石井咲 関口満紀枝 料金:6,500円
  • HOME
  • Stage
  • 手塚治虫のSF作『W3』をセリフなしで舞台化 演出はウォーリー木下

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて