ニュース

クラムボンの野音ライブを岩井俊二が撮影 映像作品化プロジェクトが始動

クラムボンによるライブ映像作品の資金募集が、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」で行なわれている。

5月3日に東京・日比谷野外大音楽堂で約8年ぶりに単独ライブを行なうクラムボン。2002年から2009年までほぼ毎年同会場で公演を披露してきた。映像化プロジェクトは、今回の日比谷野外大音楽堂公演のチケットが即完売したことを受けて実施されるもの。監督を務めるのは岩井俊二。資金募集は本日4月13日22:00からスタートしており、5月31日まで実施される予定だ。

プロジェクトページでは支援金額に応じたリターンが発表されているほか、メンバーからの映像コメントも公開されている。

「クラムボン×岩井俊二 日比谷野外音楽堂ライブ映像化大作戦」ビジュアル
「クラムボン×岩井俊二 日比谷野外音楽堂ライブ映像化大作戦」ビジュアル
クラムボン
クラムボン
岩井俊二
岩井俊二
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)