ニュース

スピッツ結成30周年祝う3枚組シングル集 過去全アルバムのアナログ盤も

スピッツ
スピッツ

スピッツの結成30周年記念作品『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』が、7月5日にリリースされる。

1987年6月にメンバー4人が出会い、同年の7月に初ライブを行なったスピッツ。CD3枚組の作品となる『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』は、1991年のデビュー曲“ヒバリのこころ”から昨年発表された“みなと”までの全シングル曲と、ドラマ主題歌に起用された配信シングル曲“愛のことば-2014mix-”“雪風”に加え、『めざましテレビ』のテーマソング“ヘビーメロウ”など新曲3曲を含む全45曲を収めたシングルコレクションとなる。

また過去に発表されたシングルコレクション『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』が、ロサンゼルスのマーカソンマスタリングでリマスタリングを施し、同日の7月5日に再発。さらに昨年7月の『醒めない』までのオリジナルアルバム15作品とミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』のアナログ盤も完全受注限定生産で販売される。アナログ盤は『醒めない』を除く全作品を新たにカッティングし、エンジニアを小鐡徹が務めた。

草野マサムネ(Vo,Gt)のコメント

前の『CYCLE HIT』をリリースしてから11年、音楽ソフトを取り巻く環境も随分変わりました。
そんな中で再び“シングル集”をリリースできるのは、淀むことなくバンド活動を続けられたという証でもあり、大変ありがたいことです。
なので今回張り切って新曲も3曲作りました。
最近のスピッツっぽい2曲と、バンド30周年のタイミングということで“ビートパンクバンド・スピッツの新曲”という想定で1曲。
楽しんでいただけると幸いです!

三輪テツヤ(Gt)のコメント

'87年から30年がたちました
スピッツもみな今年で50才
2017年のスピッツを楽しんでください

田村明浩(Ba)のコメント

収録される新曲の中でも最後に録った曲はスピッツにとって一番新しい曲です。
新曲なんだけどアマチュア時代にやっていたアレンジやフレーズをそのまま使ってたりして、かなりレコーディングでは盛り上がりました。
結成当時の自分に負けたくなかったのでギターソロバックのダウンピッキングにはかなりこだわりました。
そんなところを含めて50分の30という時間をちょっとずつ実感しながら楽しんでいます。

崎山龍男(Dr)のコメント

2006年の「魔法のコトバ」から、2016年の「みなと」までのシングルと、2017年新たにレコーディングした3曲を収録しております。
2017年は、スピッツ結成30周年であります。
今年録音した新曲の中にも、結成当時を思わせるようなテンポの速い曲もあったりします。
お楽しみに。
『CYCLE HIT』よろしく。

スピッツアナログ盤ジャケット
スピッツアナログ盤ジャケット
スピッツ『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』ジャケット
スピッツ『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』ジャケット
スピッツ『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』ジャケット
スピッツ『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』ジャケット
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)