『日曜美術館』海北友松特集に山口晃ら出演 60年ぶり帰還の晩年作に迫る

特集『帰還!“奇跡”の名画 桃山孤高の巨匠 海北友松』が、4月23日にNHK Eテレの『日曜美術館』で放送される。

安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活動した海北友松。1533年に近江の武家に生まれ、父・海北綱親の戦死に伴う禅寺での修業を経て絵師として活動し、豊臣秀吉にも画才を認められた。

同番組では、アメリカ・カンザスシティのネルソン・アトキンス美術館が所蔵し、5月21日まで京都・京都国立博物館で開催中の展覧会『海北友松』で約60年ぶりの日本公開を迎えた作品『月下渓流図屏風』の魅力を中心に、海北の画業を紹介。画家の山口晃と京都国立博物館学芸部長の山本英男が出演する。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

番組情報

『日曜美術館「帰還!“奇跡”の名画 桃山孤高の巨匠 海北友松」』

2017年4月23日(日)9:00~9:45にNHK Eテレで放送
出演: 山口晃 山本英夫 司会: 井浦新 高橋美鈴
  • HOME
  • Art,Design
  • 『日曜美術館』海北友松特集に山口晃ら出演 60年ぶり帰還の晩年作に迫る

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて