ニュース

満島ひかり&永山絢斗が見つめ合う、『海辺の生と死』場面写真が一挙公開

『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

映画『海辺の生と死』の場面写真が公開された。

島尾敏雄が自身の戦争体験をもとに執筆した小説『島の果て』と、島尾敏雄の妻・島尾ミホが敏雄との出会いなどを綴った『海辺の生と死』の2作品を原作にした同作。、第二次世界大戦末期の奄美群島・カゲロウ島を舞台に、島にやってきた永山絢斗演じる海軍特攻艇の隊長・朔と、満島ひかり演じる国民学校の教師・トエが激しく惹かれ合う様が描かれる。

公開された場面写真では、朔とトエが向かい合って食事をしている姿や、トエが朔の腕を握って目を見つめている様子、トエが寝床で微笑みながら封筒を眺めるシーンや、海岸を前にする2人の後ろ姿などが確認できる。『海辺の生と死』は7月29日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開される。

『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 ©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)