ニュース

舞台『四月は君の嘘』安西慎太郎、松永有紗らキャラ集合のビジュアル公開

舞台『四月は君の嘘』の新ビジュアルが公開された。

8月24日から東京・原宿のAiiA 2.5 Theater Tokyo、9月7日から大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで行なわれる同公演。新川直司の同作漫画を原作に、安西慎太郎演じる高校2年生の天才ピアニスト・有馬公生と、松永有紗演じる自由奔放で強気なバイオリニスト・宮園かをりの青春模様を描く作品となる。

今回公開されたのは、公生、かをりのキャラクタービジュアルと、登場キャラクターが集合する同公演のメインビジュアル。あわせて発表されたコメントで、安西は「とにかく、素敵な作品なので、より原作に忠実にリアルにできるかというところをすごく大切にしていきたいと思います」と意気込みと語っている。松永は「『四月は君の嘘』は、連載当初から漫画を読んでいて、すごく大好きな作品です」と明かし、「誰が見ても『舞台上にかをりが居た!』と思ってもらえるように、そして舞台を見た皆さんの心に、かをりが住めるよう、心を込めて頑張りますので、よろしくお願いします」と述べている。

さらに生演奏を行なう演奏者も発表。ピアノを松村湧太、バイオリンを小林修子が担当する。チケットの1次抽選は現在受付中だ。

安西慎太郎のコメント

この作品は、漫画・アニメ・映画とありますが、今回は舞台ということで、舞台ならではの見せ方ができると思うので、是非注目していただきたいと思います。
僕はこの作品のテーマが“音楽”だと思っているので、その音楽を通じて、一人ひとりのキャラクターが、しっかりいきてくるように演じていきたいと思います。僕の演じる有馬公生はすごく繊細な人間だと思うので、そこをきっちりやっていきつつ、皆さんが有馬公生に感じているであろうイメージも大切にしながら、しっかり役作りをしていきたいと思っておりますので、是非楽しみにしていてください。
とにかく、素敵な作品なので、より原作に忠実にリアルにできるかというところをすごく大切にしていきたいと思います。

松永有紗のコメント

「四月は君の嘘」は、連載当初から漫画を読んでいて、すごく大好きな作品です。
原作そのものやキャラクター、それぞれ大好きなファンの方もたくさんいると思うのですが、音楽を通して公生と精一杯向き合った宮園かをりと私なりに向き合い、あのカラフルで切ない君嘘の世界観を、舞台上でしっかり表現したいと思います。
今回演じさせて頂くにあたって、誰が見ても「舞台上にかをりが居た!」と思ってもらえるように、そして舞台を見た皆さんの心に、かをりが住めるよう、心を込めて頑張りますので、よろしくお願いします。

『四月は君の嘘』メインビジュアル ©新川直司・講談社/エイベックス・ピクチャーズ株式会社
『四月は君の嘘』メインビジュアル ©新川直司・講談社/エイベックス・ピクチャーズ株式会社
有馬公生役の安西慎太郎 ©新川直司・講談社/エイベックス・ピクチャーズ株式会社
有馬公生役の安西慎太郎 ©新川直司・講談社/エイベックス・ピクチャーズ株式会社
宮園かをり役の松永有紗 ©新川直司・講談社/エイベックス・ピクチャーズ株式会社
宮園かをり役の松永有紗 ©新川直司・講談社/エイベックス・ピクチャーズ株式会社
画像を拡大する(5枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」