ニュース

デヴィッド・リンチのドキュメンタリー映画が来年公開 過去や創作語る

デヴィッド・リンチ監督を追ったドキュメンタリー映画『David Lynch: The Art Life(原題)』が2018年に全国で公開される。

5月17日から開幕する『第70回カンヌ国際映画祭』で監督ドラマ『ツイン・ピークス』の25年ぶり新作から2エピソードをプレミア上映するデヴィッド・リンチ。『ツイン・ピークス』の新作は7月からWOWOWで放送される予定だ。

『David Lynch: The Art Life(原題)』は、リンチ自身が幼少期の家族との思い出をはじめ、同居人だったピーター・ウルフ(The J. Geils Band)、『ストレイト・ストーリー』『マルホランド・ドライブ』の美術監督を務めたジャック・フィスクとの出会い、フィラデルフィアでの暮らしや妻ペギーの出産などを経て『イレイザーヘッド』で長編デビューを飾るまでを語る作品。リンチのプライベート映像も盛り込まれる。

なおリンチは5月5日に発行されたシドニー・モーニング・ヘラルド紙で、今後映画を制作するつもりがないことを明かし、2006年の『インランド・エンパイア』が最後の長編映画だと語った。

『David Lynch: The Art Life(原題)』海外版ポスター
『David Lynch: The Art Life(原題)』海外版ポスター
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)