ニュース

向井理×斎藤工W主演 バンカーの「宿命」描く『アキラとあきら』場面写真

7月9日からWOWOWで放送される『連続ドラマW アキラとあきら』のポスタービジュアルと場面写真が公開された。

池井戸潤の小説を原作にした同作は、共に1986年に産業中央銀行に入社した大企業の御曹司・階堂彬と、父の会社の倒産や夜逃げなどの苦難を経験してきた山崎瑛の「宿命」を描く物語。彬役をは向井理、瑛役を斎藤工が演じる。

公開されたポスタービジュアルでは、スーツに身を包んだ彬と瑛が鋭い視線を向ける様子が写し出されている。また場面写真では新人研修に挑む2人の姿や、2人が居酒屋で肩を並べるシーン、瑛と田中麗奈演じる同級生の北村亜衣が再会する様子、瀧本美織演じる新人行員・水島カンナと彬が並んで歩く様子などが確認できる。

向井理のコメント

このポスターを目にしていただいた皆様にどんな印象を持たれたかぜひ聞いてみたいですね。ライバル関係のようにも見えるでしょうし、二人の友情も感じられると思います。それぞれ色んな想いを持って期待される方もいるでしょうから、その気持ちに応えられるドラマにできたらと思います。

斎藤工のコメント

ポスターに佇む彬と瑛を見て、僕らが演じていることに意味があるなと感じていただけたら嬉しいです。
また、シンプルですがとても力強く、ちゃんとその時代に生きているビジュアルになっていると思います。

『連続ドラマW アキラとあきら』ポスタービジュアル
『連続ドラマW アキラとあきら』ポスタービジュアル
『連続ドラマW アキラとあきら』
『連続ドラマW アキラとあきら』
『連続ドラマW アキラとあきら』
『連続ドラマW アキラとあきら』
『連続ドラマW アキラとあきら』
『連続ドラマW アキラとあきら』
『連続ドラマW アキラとあきら』
『連続ドラマW アキラとあきら』
画像を拡大する(9枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」