ニュース

浅野忠信がナレーション 長谷井宏紀監督『ブランカとギター弾き』予告編

『ブランカとギター弾き』 ©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film
『ブランカとギター弾き』 ©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

映画『ブランカとギター弾き』の予告編が公開された。

『ブランカとギター弾き』は長谷井宏紀監督の初長編作品。フィリピン・マニラのスラムを舞台に、自分の母親を金で買うことを思いついた孤児の少女・ブランカと、盲目のギター奏者・ピーターの交流を描く。ほとんどの出演者を長谷井監督がフィリピンの路上でキャスティングしたほか、YouTubeの歌唱動画で話題を集めたサイデル・ガブテロが映画初主演を務める。

予告編では、ブランカが「母親買います」と書いたポスターを街に貼っている様子、ピーターの伴奏でブランカが歌うシーン、ブランカがピーターに自分の顔を触らせて「これが私の顔」と言う姿などが確認できる。ナレーションを長谷井監督と交流のある浅野忠信が担当しているほか、エミール・クストリッツァの推薦コメントも映されている。

浅野は予告編について「予告編だけでも泣けてきちゃうよね。少しでも早く多くの人に見て欲しい」とコメントしているほか、「ブランカという少女の辿り着いた一つの愛の形に涙が止まらなかった」と作品にも賛辞を送っている。

『ブランカとギター弾き』は夏に東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

左から長谷井宏紀監督、浅野忠信
左から長谷井宏紀監督、浅野忠信
『ブランカとギター弾き』ティザービジュアル ©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film
『ブランカとギター弾き』ティザービジュアル ©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)