ニュース

河瀬直美がオペラ初演出、プッチーニの「救いようのない悲劇」に挑む

河瀬直美の演出によるジャコモ・プッチーニのオペラ『トスカ』が、10月15日の新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館公演を皮切りに全国5都市で上演される。

同公演は、プッチーニのオペラ『トスカ』の物語の舞台を、1800年のイタリア・ローマから古代日本の架空の集落「牢魔」に移した新演出で上演。陰謀や壮絶な愛と死を「祝祭の1日に起きた悲劇」として描く。今回がオペラ初演出となる河瀬が自ら手掛ける映像と、アメリカ・ニューヨーク在住の建築家・重松象平による舞台美術とのコラボレーションも見どころのひとつとなる。

村娘のトス香役にルイザ・アルブレヒトヴァ、カバラ導師・万里生役にアレクサンドル・バディアがキャスティング。共演者に須賀ルピオ役の三戸大久、アンジェロッ太役の森雅史、堂森役の三浦克次、スポレッ太役の与儀巧、シャル郎役の高橋洋介、看守役の原田勇雅が名を連ねる。指揮は新潟、富山、沖縄公演を大勝秀也、東京、石川公演を広上淳一が担当。

チケットなどの詳細は各劇場のオフィシャルサイトで確認しよう。なお同公演は、文化庁の支援を得てオペラを新演出で制作する『全国共同制作プロジェクト』の一環として上演される。

河瀬直美のコメント

オペラ演出の経験がないわたしにプッチーニのトスカを演出しないかというお話。ああ、オペラはそれほど自由なのかと畏れ入った。「自由」ほど難しいものはないが、演出依頼の理由はこうだ。「主人公はじめ、主要人物がみんな死んでしまう救いようのない悲劇」そんな異名をもつ本作品に「希望」を与えられる作家だと思うから。大役を仰せつかった。けれど、物怖じしてはいられない。初挑戦に心はたかぶる。そんなこんなでお引き受けしたオペラ演出のお仕事。お仕事とは思えない感情。創作というものの原点に立ち戻るような感覚の中で初めての事柄に右往左往しながら、それでもかの「希望」に向かって突き進むのである。

河瀬直美
河瀬直美
広上淳一
広上淳一
大勝秀也
大勝秀也
『トスカ』ロゴ 題字:河瀬直美
『トスカ』ロゴ 題字:河瀬直美
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う