ニュース

オダギリがスペイン語でゲバラに面会 実在日系人描く『エルネスト』特報

『エルネスト』 ©2017
『エルネスト』 ©2017 "ERNESTO" FILM PARTNERS.

映画『エルネスト』の特報が公開された。

10月6日から公開される同作は、チェ・ゲバラの部隊に帯同し、1967年にボリビア戦線で命を落とした実在の日系人フレディ・前村の生涯を描く作品。医者を志してキューバの国立大学に留学したフレディが、キューバ危機のさなかに出会ったゲバラに心酔して部隊に参加し、やがてボリビアの軍事政権に立ち向かっていく、というあらすじだ。ゲバラに「エルネスト」という戦士名を授けられたフレディ役をオダギリジョーが演じる。監督は阪本順治。

特報では、オダギリ演じるフレディがスペイン語で「私はあなたのようになりたい」とゲバラに話すシーンや、武器を扱う様子、ゲバラから戦士名を授けられる場面などが確認できる。オダギリは同作への出演にあたってスペイン語をマスターし、10キログラム以上の減量を行なったという。

『エルネスト』ポスタービジュアル ©2017
『エルネスト』ポスタービジュアル ©2017 "ERNESTO" FILM PARTNERS.
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)