ニュース

松山ケンイチが『怪盗グルー』新作でノリノリな怪盗の声に挑戦、予告編も

左からバルタザール・ブラット、松山ケンイチ
左からバルタザール・ブラット、松山ケンイチ

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の日本語吹き替えキャストが発表された。

7月21日に全国公開される同作は、『怪盗グルー』シリーズの最新作。グルーやルーシー、家族になったアグネス、イディス、マーゴの3姉妹、ミニオンたちに加えて、新たなライバルとして怪盗バルタザール・ブラットが登場する。

日本語吹き替え版のキャストとして発表されたのは、ブラット役の松山ケンイチ。バルタザールは映画業界から忘れられた元天才子役で、復讐するために活躍時を彷彿とさせる1980年代のファッションや髪型でグルーの前に立ちはだかるというキャラクターだ。松山が海外のアニメーション作品、ハリウッド映画の吹き替え声優を務めるのは今回が初めて。なおグルーの声は笑福亭鶴瓶、アグネスの声は芦田愛菜、ルーシーの声は中島美嘉がこれまでのシリーズに引き続いて担当する。

山田康雄が吹き替えを担当した『空飛ぶモンティ・パイソン』を観て、吹き替えの凄さを実感したという松山は、「山田康雄さんが吹き替えも俳優業の一つとおっしゃっている意味を痛感しながらも楽しんでやっています」とコメントしている。

今回の発表にあわせて、日本語吹き替え版の予告編も公開。肩パッド入りの服を着用したブラットがダイヤモンドを盗むために船に侵入する様子、グルーにダンスバトルを挑む場面などが確認できる。本編ではブラットの子供時代や思春期、ブラットが変装する小太りのポンプーなども演じているという。

松山ケンイチのコメント

楽しい仕事が出来て嬉しく思っています。
山田康雄さんが吹き替えも俳優業の一つとおっしゃっている意味を痛感しながらも楽しんでやっています。
皆さんにも楽しみにして頂きたいです。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開