アニエス・ヴァルダ&JRが共同監督 カンヌ最優秀ドキュメンタリー賞受賞作

ドキュメンタリー映画『Visages Villages(原題)』が、2018年に公開される。

ジャック・ドゥミの妻で今年88歳になる映画監督のアニエス・ヴァルダと、34歳のフランス人アーティストJRの共同監督作となる同作。2人がフランスの田舎を旅しながら、市井の人々と共に作品を作る様を映したロードムービー風のドキュメンタリーだ。

同作は今年の『第70回カンヌ国際映画祭』アウトオブコンペティション部門に出品。同イベントに正式出品されたドキュメンタリー20作から選出される最優秀ドキュメンタリー賞「ルイユ・ドール(金の眼賞)」に輝いた。

作品情報

『Visages Villages(原題)』

2018年に公開
監督:アニエス・ヴァルダ、JR 出演: アニエス・ヴァルダ JR 配給:アップリンク
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アニエス・ヴァルダ&JRが共同監督 カンヌ最優秀ドキュメンタリー賞受賞作

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて