『OKAZAKI LOOPS』「音」の展覧会にスズキユウリ、八木良太、國本怜ら

『京都岡崎音楽祭 2017 OKAZAKI LOOPS』の特別展示『音をとらえる』の出展作家が発表された。

『京都岡崎音楽祭 2017 OKAZAKI LOOPS』が開催される6月10日と11日に京都・ロームシアター京都プロムナードで行なわれる同展。形のない「音」を様々なマテリアルや現象として捉える作品を、アート部門、エンターテインメント部門の2部門に分けて展示する。

アート部門の参加作家はスズキユウリ、八木良太、國本怜、杢保順也(ripple effect)。また京都市立芸術大学の協力により、フランソワ・バシェとベルナール・バシェ兄弟の音響彫刻も展示・演奏される。

エンターテインメント部門の出展作家はKoji Kimura(STARRYWORKS inc.)、IDL(INFOBAHN)×moff、1→10drive, Inc.の3組。1→10drive, Inc.の展示は、6月7日からサテライト会場となるジェイアール京都伊勢丹の特設会場で行なわれる。

イベント情報

『音をとらえる』

2017年6月10日(土)、6月11日(日) 会場:京都府 ロームシアター京都プロムナード
時間:6月10日10:00~20:00、6月11日10:00~17:00 出展作家: スズキユウリ 八木良太 國本怜 杢保順也 京都市立芸術大学バシェ音響彫刻修復プロジェクト Koji Kimura(STARRYWORKS inc.) IDL(INFOBAHN)×moff 2017年6月7日(水)~6月11日(日) 会場:京都府 ジェイアール京都伊勢丹特設会場 時間:10:00~20:00 出展作家:1→10drive, Inc.
  • HOME
  • Art,Design
  • 『OKAZAKI LOOPS』「音」の展覧会にスズキユウリ、八木良太、國本怜ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて