ニュース

『猿の惑星:聖戦記』は10月公開、新ポスターに謎の少女が登場

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の公開時期が10月になることが発表された。

猿たちに支配された地球が舞台となる『猿の惑星』の前日譚として、猿たちが高度な知能を得ていく過程や、やがて人類と対立していく様を描く『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』に連なる同作。地球の支配権を巡る猿と人間の戦いの裏で、猿のリーダーであるシーザーの内面の葛藤を描く。

公開時期の発表にあわせて公開されたポスターでは、シーザーの背後に人間の少女・ノバが登場。「そして、猿の惑星になる」というキャッチコピーが確認できる。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ではこれまでに引き続きシーザー役をアンディ・サーキスが演じる。共演者にはウディ・ハレルソン、アミア・ミラーらが名を連ねている。監督は前作と同様に『クローバーフィールド/HAKAISHA』などのマット・リーヴスが務める。

サーキスは作品の魅力について「このシリーズの素晴らしい点は、人間と猿のストーリーを適切なバランスで見せていることだ。シーザーは明らかに多くの意味で両方の世界に関係している」とコメント。リーヴス監督は制作意図について「本作のスケールは、シリーズのどの映画よりも大きいが、一方で中心となる核はそのまま維持している。つまり、シーザーと猿たちに関係する感動のストーリーということだ」と述べている。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ポスタービジュアル ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ポスタービジュアル ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も