ニュース

『猿の惑星:聖戦記』は10月公開、新ポスターに謎の少女が登場

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の公開時期が10月になることが発表された。

猿たちに支配された地球が舞台となる『猿の惑星』の前日譚として、猿たちが高度な知能を得ていく過程や、やがて人類と対立していく様を描く『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』に連なる同作。地球の支配権を巡る猿と人間の戦いの裏で、猿のリーダーであるシーザーの内面の葛藤を描く。

公開時期の発表にあわせて公開されたポスターでは、シーザーの背後に人間の少女・ノバが登場。「そして、猿の惑星になる」というキャッチコピーが確認できる。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ではこれまでに引き続きシーザー役をアンディ・サーキスが演じる。共演者にはウディ・ハレルソン、アミア・ミラーらが名を連ねている。監督は前作と同様に『クローバーフィールド/HAKAISHA』などのマット・リーヴスが務める。

サーキスは作品の魅力について「このシリーズの素晴らしい点は、人間と猿のストーリーを適切なバランスで見せていることだ。シーザーは明らかに多くの意味で両方の世界に関係している」とコメント。リーヴス監督は制作意図について「本作のスケールは、シリーズのどの映画よりも大きいが、一方で中心となる核はそのまま維持している。つまり、シーザーと猿たちに関係する感動のストーリーということだ」と述べている。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ポスタービジュアル ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ポスタービジュアル ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる