写真家・大森克己×画家・角田純の2人展 写真と絵画が即興的に混じり合う

『写真、絵画、音楽 大森克己 角田純』展が、6月14日から東京・新井薬師のスタジオ35分で開催される。

初の監督映像作品となる寺尾紗穂“たよりないもののために”のPVが先日公開されたほか、iPhoneで撮影した写真をInstagram上で発表するプロジェクト『#soundsandthings』を進行中の写真家・大森克己と、文字にまつわるドローイングをまとめた作品集『SOUND AND VISION』を4月に刊行した画家の角田純。

同展では、「SOUND」という共通する言葉を用いて作品を発表している大森と角田の写真と絵画を紹介。初日の6月14日にはオープニングレセプションを開催する。詳細はスタジオ35分のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『写真、絵画、音楽 大森克己 角田純』

2017年6月14日(水)~7月1日(土) 会場:東京都 新井薬師 スタジオ35分 時間:18:00~23:00 定休日:日、月、火曜 料金:無料

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 写真家・大森克己×画家・角田純の2人展 写真と絵画が即興的に混じり合う

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて