ニュース

NY在住の映像作家5人を紹介する『Faketopia』展 金子遊らのトークも

企画展『Faketopia』が、6月23日から東京・阿佐ヶ谷のTAV GALLERYで開催される。

映像芸術を専門とするキュレーター中井澪の企画となる同展では、アメリカ・ニューヨークに在住する映像作家の作品を紹介。出展作家にはブラッドリー・エロス、Elektra KB、ジェイソン・アキラ・ソマ、ジョエル・シュレモヴィッツ、M・M・サラの5人が名を連ねる。同展のメインビジュアルも担当するウクライナ出身のElektra KBは、「水は私たちを象徴する物理的かつ象徴的な鏡」というコンセプトをもとに、2017年にニューヨークで行なわれた『Spring/Break Art show』で発表したインスタレーションを再現する。

初日の6月23日にはオープニングパーティーを行なうほか、6月24日には『辺境のフォークロア ポスト・コロニアル時代の自然の思考』の著者で映像作家の金子遊とシュレモヴィッツによるトークイベント『ニューヨークの映像の現在』が開催される。詳細はTAV GALLERYのオフィシャルサイトで確認しよう。

中井澪のコメント

今日の映像作品はデジタル素材やインターネットと言ったニューメディアを駆使して表現された作品が多い。高精細なイメージによってリアリティを追求すると共に、自由な加工を施し、まるで本当であるように見せてしまう曖昧な世界だ。本展のタイトル「Faketopia」は、そのような拡張され繁殖し続けるイメージが私たちの世界を取り囲み、そして本来の存在を超え、新たな世界を創造しているのではないかという示唆を含む。それは果たしてユートピアあるいはディストピアなのか。

『Faketopia』展メインビジュアル
『Faketopia』展メインビジュアル
ジョエル・シュレモヴィッツ作品
ジョエル・シュレモヴィッツ作品
M・M・サラ作品
M・M・サラ作品
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)