ヴェンダース監督の新作は全編男女の会話劇『アランフエスの麗しき日々』

ヴィム・ヴェンダースの新作映画『アランフエスの麗しき日々』が、12月から東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開される。

ヴェンダース監督による初のフランス語作品となる同作は、長年の友人であるペーター・ハントケの戯曲『アランフエスの麗しき日々 夏のダイアローグ』が原作。ハントケとの5本目のコラボレーションとなり、風が吹く木陰のテラスを舞台に、性的体験や子供時代、記憶、夏の本質、男と女の違い、女性的な視点と男性的な認識などについて対話が交わされる。

出演者はレダ・カテブ、ソフィー・セミン、イェンス・ハルツ、ニック・ケイヴら。ヴェンダース監督は同作について「100%思いのままに撮った生涯で初めての映画だ」とコメントしている。

作品情報

『アランフエスの麗しき日々』

2017年12月からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開
監督・脚本:ヴィム・ヴェンダース 原作:ペーター・ハントケ『アランフエスの麗しき日々 夏のダイアローグ』(論創社) 出演: レダ・カテブ ソフィー・セミン イェンス・ハルツ ニック・ケイヴ 上映時間:97分 配給:オンリー・ハーツ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ヴェンダース監督の新作は全編男女の会話劇『アランフエスの麗しき日々』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて