ニュース

『コクヨデザインアワード』が作品募集 審査員に佐藤オオキ、渡邉良重ら

『コクヨデザインアワード2017』ビジュアル
『コクヨデザインアワード2017』ビジュアル

コクヨ株式会社が主催するデザインコンペティション『コクヨデザインアワード2017』が、作品を募集している。

2002年に創設された『コクヨデザインアワード』。これまでの受賞作品には、「カドケシ」「キャンパスノート<パラクルノ>」「和ごむ」「なまえのないえのぐ」など商品化された作品が含まれている。昨年には44か国から1300点を超える応募を集めた。

15回目を迎える今回は「NEW STORY」をテーマに掲げ、文房具、家具、生活用品などを対象に「新しいストーリーを描く」デザインを募集する。期間は8月31日12:00まで。グランプリ1点と優秀賞3点が選出され、2018年1月18日に発表される予定だ。

審査員を務めるのは、植原亮輔(KIGI)、川村真司(PARTY NY)、佐藤オオキ(nendo)、鈴木康広、渡邉良重(KIGI)、黒田章裕(コクヨ株式会社)の6人となる。募集要項の詳細はコクヨのウェブサイトをチェックしよう。

「カドケシ」
「カドケシ」
「パラクルノ」
「パラクルノ」
「なまえのないえのぐ」
「なまえのないえのぐ」
「和ごむ」
「和ごむ」
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)