『コクヨデザインアワード』が作品募集 審査員に佐藤オオキ、渡邉良重ら

コクヨ株式会社が主催するデザインコンペティション『コクヨデザインアワード2017』が、作品を募集している。

2002年に創設された『コクヨデザインアワード』。これまでの受賞作品には、「カドケシ」「キャンパスノート<パラクルノ>」「和ごむ」「なまえのないえのぐ」など商品化された作品が含まれている。昨年には44か国から1300点を超える応募を集めた。

15回目を迎える今回は「NEW STORY」をテーマに掲げ、文房具、家具、生活用品などを対象に「新しいストーリーを描く」デザインを募集する。期間は8月31日12:00まで。グランプリ1点と優秀賞3点が選出され、2018年1月18日に発表される予定だ。

審査員を務めるのは、植原亮輔(KIGI)、川村真司(PARTY NY)、佐藤オオキ(nendo)、鈴木康広、渡邉良重(KIGI)、黒田章裕(コクヨ株式会社)の6人となる。募集要項の詳細はコクヨのウェブサイトをチェックしよう。

  • HOME
  • Art,Design
  • 『コクヨデザインアワード』が作品募集 審査員に佐藤オオキ、渡邉良重ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて