永六輔、蜷川幸雄、根津甚八ら80人超の「逝ける映画人」偲ぶ特集上映

上映企画『特集・逝ける映画人を偲んで 2015-2016』が、7月20日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

2015年と2016年に逝去した映画人たちにまつわる作品を、68の上映プログラムから紹介する同企画。「逝ける映画人」として業績を回顧される人物には、俳優の風見章子、白川由美、安藤昇、三角八郎、根津甚八、平幹二朗、永六輔、阿藤快、りりィ、監督の高橋治、白川大作、野村孝、瀬川昌治、沖島勲、荒戸源次郎、蜷川幸雄、音楽家の冨田勲、スタジオジブリで色彩設計を担当した保田道世ら80人以上が並ぶ。

上映スケジュールの詳細は東京国立近代美術館フィルムセンターのウェブサイトを確認しよう。なお同センターでは、2015年9月に死去した女優・原節子の特集企画を11月に開催予定だ。

イベント情報

『特集・逝ける映画人を偲んで 2015-2016』

2017年7月20日(木)~9月10日(日) 会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター
上映作品: 『土[最長版]』(監督:内田吐夢) 『山猫令孃』(監督:森一生) 『この二人に幸あれ』(監督:本多猪四郎) 『巨人と玩具』(監督:増村保造) 『弁天小僧』(監督:伊藤大輔) 『警視庁物語 顔のない女』(監督:村山新治) 『影法師捕物帖』(監督:寿々喜多呂九平) 『氾濫』(監督:増村保造) 『野獣死すべし』(監督:須川栄三) 「高橋克雄選集」(監督:高橋克雄) 『死者との結婚』(監督:高橋治) 『名もなく貧しく美しく』(監督:松山善三) 『ねずみのよめいり/わんわん忠臣蔵』(監督:白川大作) 『東京丸の内』(監督:大川久男) 『てなもんや三度笠』(監督:内出好吉) 『夜霧のブルース』(監督:野村孝) 『三大怪獣 地球最大の決戦』(監督:本多猪四郎) 『ガリバーの宇宙旅行』(監督:黒田昌郎) 『二人の世界』(監督:松尾昭典) 『拳銃は俺のパスポート』(監督:野村孝) 『白昼の惨殺』(監督:梅津明治郎) 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(監督:湯浅憲明) 『若者たち』(監督:森川時久) 『喜劇 初詣列車』(監督:瀬川昌治) 『博奕打ち 総長賭博』(監督:山下耕作) 『日本暗黒史 情無用』(監督:工藤栄一) 『妖怪百物語』(監督:安田公義) 『引裂れた処女』(監督:西原儀一) 『俺たちの荒野』(監督:出目昌伸) 『私が棄てた女』(監督:浦山桐郎) 『尼寺博徒』(監督:村山新治) 『(秘)女郎責め地獄』(監督:田中登) 『化石の森』(監督:篠田正浩) 『愛と誠』(監督:山根成之) 『血を吸う薔薇』(監督:山本迪夫) 『沖田総司』(監督:出目昌伸) 『祭りの準備』(監督:黒木和雄) 『狂った野獣』(監督:中島貞夫) 『任俠外伝 玄海灘』(監督:唐十郎) 『瀬戸はよいとこ 花嫁観光船』(監督:瀬川昌治) 『天保水滸伝』(監督:山本薩夫) 『世界名作童話 白鳥の王子』(監督:西沢信孝) 『春男の翔んだ空』(監督:山田典吾) 『トラック野郎 突撃一番星』(監督:鈴木則文) 『制服脅迫犯し』(監督:中山潔) 『連合艦隊』(監督:松林宗恵) 『さらば愛しき大地』(監督:柳町光男) 『愛の陽炎』(監督:三村晴彦) 『ジャズ大名』(監督:岡本喜八) 『天空の城ラピュタ』(監督:宮崎駿) 『19 ナインティーン』(監督:山下賢章) 『帝都物語』(監督:実相寺昭雄) 『死霊の罠』(監督:池田敏春) 『ありふれた愛に関する調査』(監督:榎戸耕史) 『蒸気機関車の詩/ぼくに涙はにあわない』(監督:飯塚二郎) 『光りの島 ISLAND OF LIGHT』ほか 『WINDS OF GOD』(監督:奈良橋陽子) 『ファザーファッカー』(監督:荒戸源次郎) 『したくて、したくて、たまらない、女』(監督:沖島勲) 『GAMA 月桃の花』(監督:大澤豊) 『戦後在日五〇年史 在日』(監督:呉徳洙) 『御法度』(監督:大島渚) 『郡上一揆』(監督:神山征二郎) 『たそがれ清兵衛』(監督:山田洋次) 『青の炎』(監督:蜷川幸雄) 『一万年、後…。』(監督:沖島勲) 『パークアンドラブホテル』(監督:熊坂出) 『終の信託』(監督:周防正行) 休館日:月曜、9月11日~9月15日 料金:一般520円 高校・大学生・シニア310円 小・中学生100円 ※障がい者と付添者1名、キャンパスメンバーズは無料
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 永六輔、蜷川幸雄、根津甚八ら80人超の「逝ける映画人」偲ぶ特集上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて