ニュース

湯浅政明の特集上映に『マインド・ゲーム』『夜は短し』『ルーのうた』

『マインド・ゲーム』 ©2004 MIND GAME Project
『マインド・ゲーム』 ©2004 MIND GAME Project

特集上映『湯浅政明監督特集』が、8月19日から東京・高田馬場の早稲田松竹で開催される。

同イベントでは、アニメーション監督・湯浅政明の劇場版作品を一挙上映。上映作品には、監督デビュー作となった『マインド・ゲーム』、5月に公開された湯浅監督にとって初のオリジナル劇場作品『夜明け告げるルーのうた』、森見登美彦の同名小説が原作で星野源が主演声優を務めた『夜は短し歩けよ乙女』の3本となる。上映スケジュールなどの詳細は、早稲田松竹のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお『夜明け告げるルーのうた』は、6月にフランスの『アヌシー国際アニメーション映画祭』長編部門でグランプリにあたるクリスタル賞を受賞。同祭で日本の作品が長編部門のグランプリを受賞するのは、1995年の『平成狸合戦ぽんぽこ』以来、22年ぶり。湯浅政明はその功績が評価され、7月12日に文化庁長官表彰・国際芸術部門の被表彰者として発表された。

『夜は短し歩けよ乙女』 ©森見登美彦・KADOKAWA/ ナカメの会
『夜は短し歩けよ乙女』 ©森見登美彦・KADOKAWA/ ナカメの会
『夜明け告げるルーのうた』 ©2017ルー製作委員会
『夜明け告げるルーのうた』 ©2017ルー製作委員会
『マインド・ゲーム』 ©2004 MIND GAME Project
『マインド・ゲーム』 ©2004 MIND GAME Project
『マインド・ゲーム』 ©2004 MIND GAME Project
『マインド・ゲーム』 ©2004 MIND GAME Project
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)